2013年02月24日

書評 内藤忍の資産設計塾【第3版】----あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法 (資産設計塾シリーズ)

「内藤忍の資産設計塾【第3版】----あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法 (資産設計塾シリーズ) [単行本(ソフトカバー)]」を購読しましたので、ショート書評をアップします。

本書は、資産運用で成功するために必要な要素、1.マインドセット(心構え)、2.セオリー(理論)、3.ナレッジ(商品知識)をバランスよく学べ、具体的な実践の方法までフォローがされています。Amazonでは、個人投資家が勘違いしているポイントや陥りやすい失敗、投資理論や個々の金融商品について充分に納得しながら、自分の資産設計戦略を立てて実際に運用が始められるように工夫してある1冊と商品説明がされています。

単行本(ソフトカバー): 216ページ
出版社: 自由国民社; 第3版 (2012/11/29)


「内藤忍の資産設計塾」は、マネックスユニバーシティ代表として個人投資家におなじみとなり、クレディ・スイスのプライベートバンキング本部に移籍し、2012年の年末に自身で資産デザイン研究所を立ち上げた内藤忍さんの資産運用の解説書です。
資産デザイン研究所
http://asset-design.jp/
内藤忍の公式ブログ
http://www.shinoby.net/
また、メールマガジンでも定期的な情報発信がされています。
http://asset-design.jp/services/mailmagazine.php

構成は大きく3つに分かれていて、@資産運用ためのマインドセットと考え方の基本的なセオリー、A個別の金融商品についての特徴や解説、B具体的に運用するためのプロセス、アセットアロケーションやポートフォリオ例、となっています。

内容としては極めてオーソドックスかつニュートラルで、見解もおしなべて基本に忠実であり、網羅的かつ丁寧に解説がされている良書で、内容の幅広さとコンパクトさが本書の特長と思います。
個別の金融商品については、投資信託、外貨MMF、日本株式、ETF、海外ETF、日本債券、外国債券、FX、REIT、オルタナティブ投資、コモディティと、広くこれらの基本的なカテゴリについてのポイントをコンパクトに解説がされています。

短期的にいかにマーケットの流れを読んでいかに儲けるかという本ではありません。資産運用について学びまじめに長期的な資産形成に取り組みたい意欲のある方、投資初心者でどうしたら良いのか迷っている方、投資経験はあるがまだ知識に穴がある方が部分的に各トピックを読んで補足するには適した本であると思います。
アセットアロケーションやポートフォリオをどうするかについては絶対的な答えはありませんが、本書で示されている具体例はヒントにもなるかもしれません。

これ1冊の内容を押さえていれば、一般の個人投資家の方が身に着けておくに越したことはない初級〜中級レベルの基本的な内容は網羅されていると言えます。

長年にわたって長期運用の方法を試行錯誤してきた私としては、投資を始めてから3〜5年目以内位の時に出会っていたかった本であったと感じました。

目次:
第1章・資産設計塾[心理編]
資産設計を始める前の7つのマインドセット
第2章・資産設計塾[理論編]
資産を殖やす7つのセオリー
1.リターンよりリスクから考える
2.アセットアロケーションから決めていく
3.長期と短期の2つの視点を持つ
4.3つの運用方法を使い分ける
5.時間を分散する
6.外貨資産は保有しないのがリスク
7.感情的な投資のデメリットを回避する
第3章・資産設計塾[知識編]
個人投資家が使える11の金融商品
投資信託、外貨MMF、日本株式、ETF、海外ETF、日本債券、外国債券、FX、REIT、オルタナティブ投資、コモディティ
第4章・資産設計塾[実践編]
実際に運用するための6つのプロセス
第5章・資産設計塾[応用編]
資産運用をさらに充実させる9つのポイント
1.タクティカル・アセット・アロケーション
2.実物不動産投資
3.マイホームと住宅ローン
4.保険の見直し
5.海外口座の活用法
6.相場が急落した時の対処法
7.投資の勉強法
8.超長期の社会の変化と投資
9.金(貴金属)の現物取引

また、資産デザイン研究所の活動と並行して進めている「一般社団法人海外資産運用教育協会」では、「海外資産運用マスター」の資格付与を行う口座を開催するとのことです。
内藤忍の公式ブログ(2013/2/24)「海外資産運用のプロには、知識だけではなく横のつながりも重要」
http://www.shinoby.net/2013/02/post-2890.html#more
posted by ASK at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック