2012年04月03日

「日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。」藤野英人:レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信)/著(備忘メモ)

パラパラ読んだだけですが、備忘のメモです。
レオス・キャピタルワークスで「ひふみ投信」のファンドマネージャーをしている藤野英人さんの本です。



いわゆる日本株のアクティブ投信はインデックス運用をわずかにオーバーパフォームすることを狙っているだけで、結果、運用成績はインデックス±αの似たような結果になる。そして、コストが高い分、平均的なアクティブ投信のパフォーマンスはインデックス運用に負けてしまいます。
このあたりはアクティブ投信vsインデックス投信のような論説でよく語られるところです。
ただ、もちろん自ら運用されているひふみ投信のマーケティングが本のメインの目的なのかとは思いますが、全体平均が下がる中でも成長する企業は必ずあり、個別企業をじっくり分析、発掘するアクティブ運用であれば、しっかりしたパフォーマンスを残せるという内容と理解しました。
そして、どのような企業を選ぶべきかや、スタートトゥデイやジェイアイエヌといった成長株をひふみ投信は成長の当初から投資してきたということです。

そもそも運用資産のうちどれだけを日本株に回すべきかといった点はさておき、一般の人にとって、事前に5倍10倍になる成長株を見出すのは困難ですので、プロに任せてはどうでしょうということです。また、経営者に会って話をしたり、会社を生で見る機会は一般人には事実上ありません。
結果が出た後から「あの時のニトリ、ヤフー、ファーストリテイリング、セブンイレブンジャパンに投資していたら・・」という例えはよく使われますし、言うのは簡単ですが、それを事前に見出し、長期で保有し続けることはかなり難しいです。ウォーレン・バフェットが尊敬を集め続ける所以かとも思います。
プロが運用してもピンポイントでは当然当たり外れはあり、総合的に結果としてパフォーマンスがきちんと出されば良いということです。
ただ、成長する個別株を見出すのと同じくらい、結果として成功するアクティブ投信を事前に選択することは簡単ではないのかと思います。
「ビジョンに共鳴できる」「日本を応援したいという気持ち」なども大事な要素でしょう。




備忘としてメモしておきたかったのは、本書の中でご本人の運用するひふみ投信と並べてお勧めされている日本株のアクティブ投信5本です。
個別の運用動向などもチェックしてみたいところではあります。
リンク先はモーニングスター(上段)と、それぞれの運用会社のファンド紹介ページ(下段)です。

・コモンズ投信(コモンズ30ファンド)
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2009011901
http://www.commons30.jp/fund30.html
・かまくら投信(結い2101)
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2010032902
http://www.kamakuraim.jp/doing.html
・JPモルガン・アセットマネジメント(JF・ザ・ジャパン)
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=1999121502
https://www.jpmorganasset.co.jp/wps/portal/!ut/p/c1/hY7RCoIwFIYfacdlOi9jag1qRpmoN7JwiaBObCW9fZvddBNxzsXh_74DPyqRmUE820boVg2iQzkqvYp4jGRR6EBCNxQYS3ga0NBZ-57hxTc_BD4wnEX0fMIAGP_55jvVS1Sg0v9l7cFFqW01ikZyYe3jtoovPGQ8ThagJt1J_WG3x1BP0kYWaXFFhWMvm1NVG4O4LgAsdBLDPX2N0jpjn8-w6onZ-Q3VL6Y4/dl2/d1/L3dDbzJ3QSEhL3dHb0JKaWdnQ1VFTlNnZ0EvWUE0NXdBISEvN184Nkk4VkVEMTBPQ0FDMElJT05UOUNEMUwwNA!!/
・大和住銀投信投資顧問(大和住銀日本小型株ファンド)
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2004061102
http://www.daiwasbi.co.jp/products/search/fund_data/fund_data.php?code=22311046
・レオス・キャピタルワークス(ひふみ投信)
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2008100102
http://www.rheos.jp/fund/

cf
他のブログでの本書の書評です(ネット上で他にもかなり多くの書評があります)。
・カゼヒコの投資日和〜資産形成編〜
http://jkmmn10.blog102.fc2.com/blog-entry-380.html
・rennyの備忘録
http://renny.jugem.jp/?eid=2291


ラベル:ひふみ投信
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック