2011年01月22日

ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち スコット・パタースン/著 長峰涼/訳

クオンツ(Quants)とは、Quantitative(数量的)から派生した言葉で、複雑な数理モデルを使って市場で儲けようとするファイナンスや金融工学のプロの総称です。
本書は、アメリカのクオンツたちが、それぞれ自身のヘッジファンドや投資銀行の自己売買の部署内で巨万の富を手にする姿を描いたノンフィクションで、クオンツたちの様々な生い立ちや人間模様も多く描かれています。
ただ、ヘッジファンドの運用は他のプレーヤーに模倣されないよう秘匿性があると言われており、本書においても、大まかな方法は示されていますが、数学的手法を駆使して具体的・詳細にどのように儲けているのかはあまり明らかにされていません。

ザ・クオンツ  世界経済を破壊した天才たち
スコット・パタースン
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 2336


初版出版日 2010年8月31日  原書出版日 2010年2月10日
全435ページ ハードカバー

原書名は「The Quants − How a New Breed of Math Whizzes Conquered Wall Street and Nearly Destroyed It」原書はこちら↓
The Quants: How a New Breed of Math Whizzes Conquered Wall Street and Nearly Destroyed It
Scott Patterson
Crown Business
売り上げランキング: 2682


著者のスコット・パタースン氏は、ウォールストリートジャーナルで活躍中の記者で、本書が処女作であるそうです。

本書に登場するクオンツたちです。(本書内P6-8の「プレイヤーたち」の紹介文を参考にしています)
(以下、敬称略)
○ピーター・ミュラー:
モルガン・スタンレーの隠れたヘッジファンドであるPDTのファンドマネジャー。 数学者としては切れ者だがエキセントリックな人物。
○ケン・グリフィン:
世界最大規模のヘッジファンド、シタデル・インベストメントのやり手ファンドマネジャー。
○クリフ・アスネス:
ヘッジファンドのAQRキャピタル・マネジメント創立者。マーケット崩壊当時の運用資産学が400億ドル近くあった。
○ボアズ・ワインシュタイン:
ドイツ銀行のデリバティブ・トレーダーかつ権力者。ドイツ銀行内にヘッジファンド’ saba ’を立ち上げ、3百億ドルものポジションを売買する。地球上で最も影響力のあるクレジット・トレーディング・ファンドを創設。
○ジム・シモンズ:
ルネッサンス・テクノロジーズの孤高のファンドマネジャー。 投資テクニックは謎につつまれており、暗号解析や音声認識の分野の科学者から得たものと言われている。
2009年運用者ランキング5位で、85億ドルの報酬を得ている。
○エド・ソープ:
天才数学者として始めてウォールストリートで大儲けしたクオンツのゴッドファーザー的存在。 1950年代当時、数学教授だったソープは、大数の法則といった数学能力を応用してブラックジャックをはじめとするギャンブルで勝つ方法を研究し実践した。投資にも応用し、成功を収めた。死後、遺体が冷凍保存されることになっていて、価額の発達で可能になった暁には生き返るつもりだが、確率は2%と予測している。
○アーロン・ブラウン:
モーゲージ担保証券(MBS)市場の成長を牽引するキャリアを歩んだクオンツ。
○ポール・ウィルモット:
オックスフォード大学数理ファイナンスプログラムの創設者。 クオンツ界の権威。
○ブノワ・マンデルブロ:
数学者。1960年代にすでにクオンツ・モデルはマーケットの劇的な変動によって危険にさらされると警告していた数学者。

また、「ブラック・スワン」の著者で有名な反クオンツ派のナシーム・タレブ氏もたびたび登場します。

本書では「ザ・トゥルース」という言葉が何度も登場します。
これは、相場の動き全てをコントロールする万能の手法や、マーケットの全てを把握することができる美しくて高尚で上品な「数式」や「モデル」がどこかに存在するという、クオンツが目指す究極の頂点を言い表しているということです(P434訳者あとがきより)。

そしてまた、ウォーレン・バフェット氏の下記発言はアンチテーゼともなっています。
2009年2月のバークシャー・ハザウェイの収支報告書内:「数式を引っ提げたオタクには気を付けた方が良い」

本書内で、エドワード・ソープ氏「ディーラーをやっつけろ!」が多くのクオンツたちが刺激を受けた書としてたびたび紹介されているところも印象に残ります。
エド・ソープ氏は、クオンツの先駆者としてブラックジャックの最適戦略を確率計算により数学的に理論化し、実際にラスベガスのカジノに乗り込み、大儲けした。その後、彼はファンドを設立し、成果を上げ続ける。クオンツたちは、このエド・ソープ氏の影響を受けている人も多いということのようです。
ディーラーをやっつけろ! (ウィザードブックシリーズ (109))
エドワード・O・ソープ
パンローリング
売り上げランキング: 17702


【本ブログでの関連記事】
・2010/12/28(本の紹介)世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
http://money-learn.seesaa.net/article/176723522.html
・2010/12/24(本の紹介)史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか
http://money-learn.seesaa.net/article/174811147.html

本書の目次は以下の通りです。(「続きを読む」をクリック下さい。)



目次

プレイヤーたち P6
T オールイン P11
U ゴッドファーザーことエド・ソープ P27
V マーケットをぶっとばせ P46
W ボラティリティ・スマイル P72
X 4人のクオンツたち P96
Y オオカミ P148
Z ザ・マネー・グリッド P170
[ 夢の実現 P215
\ 「将来の成功を祈っている」 P259
] 八月の異変 P294
XI 運命の時計 P339
XII 欠陥 P366
XIII 悪魔の仕業 P398
XIV ダークプール P413
用語集 P426
謝辞 P431
訳者あとがき P432


エド・ソープについては「天才数学者はこう賭ける」にも記述があります。
天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話
ウィリアム パウンドストーン
青土社
売り上げランキング: 35900





物理学者、ウォール街を往く。―クオンツへの転進
エマニュエル ダーマン
東洋経済新報社
売り上げランキング: 159492



posted by ASK at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。