2011年01月13日

株式投資の裏技 IPO PO TOB 端株 JACK/著

本書は、著者も行っているIPO、PO、TOB、端株に係る投資方法の著者の成果を紹介しているものです。
本書に紹介されているIPO、PO、TOB、端株に係る投資は、裏技というよりはむしろオーソドックスな方法ですので方法それ自体はよく知られているものだと思います。
ただ、著者ほど「やり込んでいる」個人投資家はそう多くはないと思います(私も含め)。
著者が各種方法を研究されていることも理解出来ますし、これらの投資法に興味はあるが実践したことのない個人投資家の方には有益な情報が分かるかもしれません。
IPO、PO、TOB、端株に係る投資方法の情報は、断片的な情報としては各地に転がっていますが、本書のようにここに焦点を絞ったものも珍しいです。失敗談や成功談を交えながら具体的な著者の体験を書かれている点も特徴です。類書もあまりないという点もありますし、株好きの方には個人の経験談を聞けるという感覚で、単純に楽しめる本ではないかと思います。

株式投資の裏技 (Modern Alchemists Series No. 91)
JACK
パンローリング
売り上げランキング: 151068



初版日 2010年7月4日
全 182ページ ソフトカバー

著者は個人投資家で、もともとは2005年前後のIPOブーム時にIPOで大きく資産を増やしたようです。投資の幅も株式だけでなく不動産投資、FXと広げながら、2010年現在でも株式投資や不動産投資で生活費に困らないだけの利益を上げているそうです。
本書は、著者が行っているIPO、PO、TOB、端株に係る投資の著者のテクニックの検証と経緯をまとめたものです。
また次回作が楽しみでもあります。

本書で紹介されている方法は、
○IPO
いかにIPO株の割当を取るか(証券会社の担当との駆け引き、とにかく全ての証券会社に申し込む)
○PO
売りヘッジを含めどこで売買するか(王道はディスカウント取り、希薄化狙い、リバウンド狙い)
○TOB
TOB申込による鞘取り、TOB価格と市場価格との鞘取り、TOB後のリバウンド狙い
○端株
隠れ優待、アンケート回答の粗品、イーバンク銀行によるゴールドラッシュプログラム
といったもので、うさんくさい方法ではありません。
IPO株を当てるための著者の”努力”には少々意見のある方はいるかもしれませんが。。

【関連情報:著者のHP・ブログ】
豆の木株情報
http://members3.jcom.home.ne.jp/echoes2001/
JACK投資戦略
http://jack.enjyuku-blog.com/archives/poindex.html
JACKの不動産投資
http://jack2001.livedoor.biz/

本書の目次は下記の通りです。(下の「続きを読む」をクリックしてお進み下さい。)



目次

序章
私が体験した「株式投資の落とし穴」
コラム:投資家格言に見る「株式投資の落とし穴」

第1章 第1の裏技 新規公開株法
第1節 新規公開(IPO)とは
第2節 IPO株獲得の手順
手順1 王道は主幹事証券会社
手順2 すべての証券会社に応募する
手順3 穴場は委託証券
手順4 最後はバーター
第3節 私の「IPO株」獲得奮闘記

第2章 第2の裏技 公募売出し株法
第1節 公募売出し(PO)とは
第2節 PO株で利益を上げる方法
方法1 王道はディスカウント取り
方法2 希薄化を狙う
方法3 リバウンドを狙う
第3節 私の「IPO株」獲得奮闘記
裏コラム

第3章 第3の裏技 株式公開買い付け法
第1節 株式公開買い付け(TOB)とは
第2節 TOBで利益を上げる方法
方法1 当たれば大きい比例配分と事前予想
方法2 確実は鞘取り
方法3 大きく値下がりしたチャンスを拾う
第3節 私の「TOB」獲得奮闘記
裏コラム

第4章 第4の裏技 端株取引
第1節 端株とは
第2節 端株で利益を上げる方法
方法1 隠れ優待
方法2 アンケートを利用する
方法3 ゴールドラッシュを利用する
第3節 私の「端株」獲得奮闘記
裏コラム

第5章 事例紹介
実践者の声を紹介します

第6章 今後の見通しとよくある質問集
第1節 本書で紹介している手法の今後の方向性
第2節 よく聞かれる質問集
コラム:アフラーフォローについて

おわりに

株式投資の裏技 (Modern Alchemists Series No. 91)
JACK
パンローリング
売り上げランキング: 151068

posted by ASK at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック