2015年10月04日

おすすめのアセットアロケーションを考えよう(1) アセットクラス別のリスク・リターンの計算と分析

資産運用では、アセットアロケーション(どのような資産配分で資産運用していくかを決めること)が大切だと言われます。
これは、どのような資産構成で資産運用していくかということを考えることで、投資タイミングやアセットクラス(投資対象)の中での銘柄選定よりも、何にどのように資産配分をしようかというアセットアロケーションをどう決めたかが資産運用の成果の測定での影響度が大きかったとするファイナンス分野のアカデミックな研究成果報告が根拠になっています。

確かに、私の資産運用の実務経験からしても、長期運用という観点からは、例えば日本株に投資をするとしたら、どのタイミングでどの銘柄に投資するかよりも、そもそも日本株に投資すべきかどうかや、資産全体のうちからどれくらいのリスクを日本株に取っていくべきか、ということを考える方がパフォーマンス上では重要なような感覚があります。

資産運用の実践の第一歩は、アセットアロケーション(資産配分)を考えること。
そして、定期的にポートフォリオを見直して、将来の自分の目標とする方向性からズレていないか、特定のリスクに偏りすぎていないかを検証し、メンテナンスを行っていくことです。

アセットアロケーション(資産配分)を考えるにはどうしたらいいでしょうか。
アセットクラス別のリスク・リターンや、自分の考えたアセットアロケーションによるポートフォリオのパフォーマンス推移の過去の実績はどうであったか?というのは、1つの手掛かりになるのではないかと思います。
しかし、個人投資家に向けて、十分にそのためのツールや情報がまだまだ足りないのではないか、とASK資産運用実践研究会は考えており、読者の皆さんの資産運用におけるアセットアロケーションを検討するために有用なツールを開発できないかと考え、本シリーズを企画しました。

○使用するベンチマーク等の前提条件
各アセットクラスの2001年以降取得可能な月次データの終値の増減により月次損益を算出し、年率換算により表示。外貨建ての指数は全て円換算後の値を使用。月次データを使用のため、年度ごとの年率換算の算出値は少々計算が粗い部分はあるかもしれません。
各アセットクラスのベンチマークとなる指数は、国内債券=野村BPI総合指数、国内株式=東証株価指数(配当込み)、外国債券=シティグループ世界国債指数(除く日本)、先進国株式=MSCIKOKUSAI指数、新興国株式=MSCI新興国株式指数、国内リート=S&P JapanREIT指数、外国リート=S&P DevelopedREIT指数、商品(コモディティ)=CRB指数、米国ハイイールド社債=Barclays US Corporate High Yield TR指数、新興国債券=JPGCCOMP指数、短期金利=無担保コール翌日物を使用しています。配当がある指数は配当込みを使用。為替ヘッジはなし。

○アセットクラス別のリターン(年間利回り)
まず、アセットクラス別の年別及び全期間の平均リターンです。大よそ、株式の方が債券よりもパフォーマンスが良く、また、日本及び海外REITも健闘していることが分かります。利回りが高くないが、実績で安定しているのは国内債券です。
アセットクラス別のリターン実績を見て分かる重要な視点は、毎年の利回りの変動は大きく、また、値の大小もバラバラで、事前に何が上がるかを予測することは難しそうだということ、毎年勝ち続けるものではなく上がる年もあれば下がる年もあるということです。ただし、10年以上の長い目で継続していけば、平均すると、投資したお金は成長しそうだ、ということです。
151010 アセットクラス別のリターン.jpg

○アセットクラス別のリスク(変動率)
資産運用の世界では、「リスク」というのはボラティリティ(変動率)の大きさを言います。これは標準偏差という計算方法で行います(計算の詳細は本稿では省略します)。
アセットクラス別のリスク(変動率)を見て分かる重要な視点は、株式・REITは債券よりも変動率が大きく、また、リターンの振れ幅に比べると、比較的一定の水準に収まっている、ということです。すなわち、リターンの値がどうなるかは事前に分からないし傾向を予測するのは難しいが、リスク(変動率)は大よそ想定できる、ということが読み取れます。
151010 アセットクラス別のリスク(標準偏差).jpg

標準偏差は、正規分布という形状により損益が発生することを前提に、大よそ1標準偏差は約68%、2標準偏差は約95%に収まると言われています。2標準偏差は95%なので、20年に1度程度、2標準偏差以上の損益の振れ幅があってもおかしくない、という解釈が出来ます。国内株式は全期間を通じての1標準偏差が17.9%、2標準偏差は35.78%(17.9%×2)という計算です。各アセットクラスの損益は、通常の場合で、2標準偏差はあり得る、と思っておけばいいでしょう。現実のマーケットは正規分布に従った損益が発生するわけではなく、正規分布で発生を想定する以上の確率で、特に損失側の事象が生じるということが過去の歴史からは明らかになっています。実務上は、統計的な標準偏差の数値を見るだけ以上に注意を払う必要があります。

○アセットクラス別のリスク・リターン表
リスクとリターンから、大よそどのくらいの価格変動がありそうかをビジュアルにしたのが下のグラフです。
μ(ミュー)は期待リターン、σ(シグマ)は標準偏差を指します。
シャープレシオは、リターンをリスクで割ったもので、リターン発生の安定度を図る尺度です。シャープレシオが1以上だと、前年の利益以上に年間の変動で損失が発生しずらいので安定的に儲かる、と言えますが、残念ながら通常1は超えません。株式よりも債券のシャープレシオが高いことが窺えます。
151010 アセットクラス別のリスク・リターン表.jpg

次回へ続く「おすすめのアセットアロケーションを考えよう(2) ポートフォリオのリスク分散効果ってなに?」







・ブログ運営者への連絡先:asklearn777●gmail.com
*●は@です。資産運用や税務等のお問い合わせ・ご質問・ご相談も自由です。
・【是非フォロー下さい】Twitterにて主に自分の関心事の経済系のニュースやネタをクリップしたり雑感をツイートしています。
http://twitter.com/#!/ASKLearn


・【是非「いいね」押して下さい】Facebookページ「ASK」もご参照下さい。気に入って頂けましたら、記事への「いいね」も是非お願い致します!
http://on.fb.me/ep0Def