2015年05月30日

トヨタ自動車の優先株は日本債券クラスを代替する投資対象として適しているんじゃないかと思った件

日本を代表するあのトヨタ自動車(7203)が優先株「AA型種類株式」を5000億発行することが少し前から伝えられています。
この優先株ですが、ニーズにマッチする一部の人にとっては良い投資対象なのではないかと思っています。

簡単な概要は、下記の通りです。
・非上場だが議決権を持つ。
・発行後5年間は譲渡や換金ができない。
・発行価格は決定日の終値に20%超上乗せした価格。
・おおむね5年目以降は普通株への転換あるいは発行価格でのトヨタへの取得請求ができ、株価が下落するリスクを軽減できる。
→株価が下がった場合はトヨタが元本での買い取りをします。株価が20%超値上がりすれば、普通株に転換してキャピタルゲインが狙えます。優先株での保有を続ければ2.5%の配当は得られ続けることができます。
・議決権はあり。
・配当は発行後、段階的に増える。発行価格×配当
発行日が属する事業年度: 0.50%
2事業年度目: 1.00%
3事業年度目: 1.50%
4事業年度目: 2.00%
5事業年度目: 2.50%
6事業年度目以降: 2.50%
・残余財産の分配は、一般債権者に劣後し、普通株主に優先
 →トヨタが倒産した場合、紙くずになることが想定されます。(倒産する場合には債権者への分配以上は望めないため)

・トヨタの説明資料
AA型種類株式に関するご説明資料
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20150428/997c6n/140120150428454511.pdf
AA型種類株式に関するQ&A
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20150428/997c7e/140120150428454538.pdf
トヨタ自動車、中長期保有を前提とした「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始
http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/7764179

2015年6月の株主総会で決議により発行が正式に決まってから、「必要な条件が整い次第、市場環境等を勘案し」発行する予定のようです。今年(2015年)の夏頃でしょうかね。

私の所感としましては、長期安定運用を考えるのでしたら、日本債券クラスの代替商品としていいではないかなと思いました。
株価が下落した場合の元本での買い取りをしてもらえるので、優先株という名称ですが、債券、とりわけ「転換社債(新株予約権付社債)」という意味合いの方が強いです。発行後、数年間の利回りは低いですが、現状の日本での国債長期金利が0.5%を下回っている状態を考えれば、利回りが低いということはありません。
「発行後5年間は譲渡や換金ができない」というのが最大のネックですが、一定期間の流動性を犠牲にして、高い確度で(トヨタの信用リスクで)、5年経過後は2.5%+αのリターンが期待できるのであれば、悪くないのではと思います。
いざとなったら証券会社が買い取ってくれる手当は出来るのかもしれませんが、流動性がないので参照価格が出ないわけですから、元本で買い取ってもらうよりも買いたたかれる気はします(笑)。
5年超放っておいても構わないという資金の運用先であれば、個人向け国債より良いという判断もあるでしょうし、日本債券クラスがここまで金利が下がってくると利回りも低下しきっている中、金利上昇リスクをヘッジしたいというのもありです。金利上昇については日銀バズーカの弾薬が残っている間は大丈夫とみんな思っているでしょうが、いつかは分からないがどこかで金利は上がっていくはずで、5年もつのかどうかは誰にも分かりません。
5年待って金利が上がっていて(かつ、日本に信用不安がなければ)トヨタ優先株から日本債券に戻せばいいし、低金利で2.5%以下の長期金利のままならトヨタ優先株を持ち続ければいいし、株価が20%以上がっていたらラッキーも付いているというわけです。

トヨタの信用リスクを負いますが、なにぶんトヨタですので。トヨタが倒産したらどうしようかと心配するなら、他に心配することがたくさんあるでしょう。
5年間の流動性がないのと、トヨタとは言え信用リスクがありますから、過大な資金を投じるのはもちろんやめておいた方がいいでしょう。
配当率で予定されている利率以上のインフレが起こると実質価値が目減りすることにはなりますので、5年以内にハイパーインフレが日本で起こると信じる人は買わない方がいいでしょう。

私が1番良いと思っている点は、流動性を犠牲にはするものの「元本保証」であるということで、(うちの親みたいな)初心者や投資に慣れていない人に適しているではないかということです。損する心配が(ほぼ)ない、というのは大きいです。
似て非なるものとして、最低なのは仕組債で、多少の利回り(2〜4%くらい)とそれなりに高い可能性で元本が返ってくるように見えて、何かが起きた時に大損するような危なっかしいものを、初心者に「何かは起きない」と思わせて売りつけて、金融機関がしこたま手数料を抜いて儲けるという構図で、投資家にリスクを押し付けるものです。(売り方が悪いと訴えられますけど、それもそれで、自己責任の世界でちょっと説明が悪かったといって情弱救済というのはどうなんだというのはまた思うところでもあります)

良い話に罠はないのかと、気になるのはトヨタの今回のAA種優先株発行の目的ですが、「次世代技術のための研究開発資金の調達にあたっては、研究開発投資が当社の業績に寄与するまでの期間と、株主の皆様に当社へ投資していただく期間とをできるだけ合わせることが望ましいと判断し、中長期の保有を前提とした議決権のある譲渡制限付種類株式」を発行することにした、「中長期保有によるガバナンス効果を経営に取り入れることで、中長期の視点でトヨタを支えトヨタとともに歩んでいただける株主様に報いる株式をご提案するものです。持続的成長と未来への挑戦に向けて、バランスのとれた経営を推進し、さらなる中長期での企業価値の向上を目指します」と公式資料での説明がされています。
このAA種優先株は、個人向けをターゲットにしているそうですし、長期ホールドしてもらう個人株主を確保したいというのが建前ですが・・
だいたい、こういう公式見解の文章は建前が優先され、本当の目的は分かりませんが、トヨタから見て普通株式よりも資本コストで有利だという検討は絶対にしているはずですし(株価下落時の元本買い取りリスクを考慮しても2.5%の利回りなら違和感はないような)、株主の平均保有期間とか分布図とかの分析をして長期保有の個人株主を本当に広げたいと思ったというのも一側面であるのかもしれません。

日本ではこういった優先株が発行されるのは珍しいので、投資家目線で妙味のある投資対象がトヨタを契機に広がることも期待したいですね。
日本で優先株を上場しているのは唯一、伊藤園のみです。伊藤園の優先株は研究したことがありますが、この記事はここまでで。

【関連記事】
・2014/12/27 アベノミクスの行く末と、個人投資家としての中長期の投資スタンスを考える
http://money-learn.seesaa.net/article/411362434.html
・2014/12/29 銀行の投信販売現場に行ってきました。親が銀行のお客様(上カモ)だった!(その1)
http://money-learn.seesaa.net/article/411474440.html



2015年05月04日

宝くじを買うことは経済合理的に正しい事である2つの理由【宝くじの経済学】

ちょっとした学のある人なら、宝くじは胴元(国)が半分を持っていき、残りの半分を分配する仕組みであるから、実に割に合わないギャンブルであるという話を聞いたことがあると思います。
いわんや、「宝くじは貧乏人に課された税金」「貧乏税」などとも言われます。貧乏人に夢を買う機会を与えることにより庶民の不満のガス抜きをするためのものである、期待値が半分の宝くじを買って期待に胸を膨らましているような奴は情弱でバカな愚か者である、と。

本当にそうでしょうか?

まず、基本データの確認のため、宝くじの還元率について調べてみましょう。
法律では、当せん金付証票などと言われるらしいですが、ギャンブルが禁止されている日本では、特別な法律(当せん金付証票法)でもって運営されているのが宝くじです。
総務省の資料によると、払い戻し率(還元率)は45.7%となっています。他、還元率は、競艇74.8%、競輪75.0%、オートレース74.8%、競馬74.1%となっています。国営ギャンブルの中でも、宝くじは実に割に合わない設定がされているように見えます。
(出処)総務省「宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率」
http://www.soumu.go.jp/main_content/000084191.pdf

少し古い平成20年のデータですが、現在でも大差はないでしょう。
総務省の資料によると、払戻金は発売総額の100分の50以内と法律で定められているようなので、宝くじの当選の期待値は必ず50%以下である、と言えます。

つまり、宝くじを1万円分買った場合、返って来るお金の期待値は5千円以下(4570円)なのです。
確かに、宝くじは、買えば買うほど期待値でお金を減らすことになる損で愚かなマイナスサムゲームの経済行為に見えます。深く考えずに期待値だけで捉えると、宝くじを買うのは損であるので賢い人であれば買うべきものではないという主張は正しいように思えます。

宝くじが当たるのは、実際にどれくらいの確率なのでしょうか。
当選金の高いジャンボ宝くじの愛称で親しまれている宝くじは、年に5回発売される大型の宝くじです。
年末ジャンボ宝くじは、平成26年度実績で、1等の当選金額は5億円、1等の前後賞は1億円で、1等・前後賞を合わせて7億円が当たる可能性があります。
また、発行枚数は4億9000万枚(49ユニット)で、1等本数は49本です。1等が当たるのは1000万枚に1枚で、確率にすると0.00001%です。確率が低すぎてよく分かりませんが、1枚300円なので、10万枚を3千万円分購入すると、1等の当選確率が1%になる計算です。
ちなみに、2等でも2000万円、3等でも100万円が当たります。2等は組・番号まで一致が必要だが2番号の当選があり500万分の1(0.00002%)、3等は各組共通なので少し可能性が上がり10万分の1(0.001%)という当選割合です。

ここで考えなければならないのは、まあ、ほとんど当たらないわけですが、7億円が当選する機会は確かに存在するということです。
7億円を手にすれば、平均的な会社員の生涯所得のおよそ倍のお金を一瞬で手にすること出来ます。
7億円あれば、税引き後1%の年間利回り目標で資産運用しても700万円が毎年入ってくることになりますから、無理をしなければリタイアあるいはセミリタイアが可能です。

重要な事は、普通の人が通常に仕事・生活をしていて、7億円を手にすることができるかもしれない機会はない、ということです。7億円というのは、欧米の大企業のCEOや投資銀行のトップ等の成功者が年収で手にすることが出来るような、それこそ1000万人に1人よりは少し多いけど、そうは変わらないというような可能性です。

宝くじは、そんな一般庶民が一気に「あがり」に行ける希少なチャンスです。
一般庶民の目の前に現実としてこのような機会があるのに、トライすることは愚かなことなのでしょうか。
宝くじは買わなければ絶対に当たらないのです。確率が高いか低いかではなく、現実に起こる可能性があるかないかが重要なのです。

愚かで問題なのは、当選する確率はほとんどないものに期待することで、「当選したら何を買おうか」と不毛な夢を見たり、赤字だったとか、しょぼい賞が当たって元が取れたとかで喜んだり悲しんだりすることなのです。
よしんば、どこの発売所では当たる可能性が高いとか言って、わざわざそこで買うようなオカルト的な行動に走ることです。

何も期待せずに、未曽有のチャンスに対して、失っても全く痛くない金額を粛々と賭け続けることは、経済的に不合理だとは私には思えません。
また、「あがり」には確率よりも金額が多い方がいいわけで、ほぼ当たらないものに賭けるわけですから、当たった時には前後賞を合わせるべきで、連番にした方がいいでしょう。




もう1つ大事な要素は、宝くじの当選金の7億円には所得税を課さない(当せん金付証票法第13条)ということになっていることです。
通常、多額のお金を手にしたらガッポリと税金を持っていかれます。日本は成功者に懲罰的な税金を掛けて、一定の成功者にさらに上に行こうという気を萎えさせることによってマクロ的な経済発展を目指すよりも出る杭を打つという政策を取る国です。
そんな日本で、7億円のキャッシュインに税金が掛からないなんて、それこそ夢のようなことです。
大企業のCEOが7億円稼いだり、相続で7億円の遺産を引き継いでも、所得税や相続税で50%超の限界課税です。つまらない計算をしてみると、年間所得7億円の所得税(復興特別所得税除く)は7億×55%−4,796,000円で約3億8020万円、別に住民税が10%で7000万円が掛かりますから、手取りは2億5000万円を切ります。リッチな親から相続でキャッシュを7億円もらっても、相続税は7億×55%−7,200万円=3億1300万円掛かりますから、手取りは3億7800万円です。
ちなみに、宝くじ以外の公営ギャンブルである競馬等には税金が掛かります。例えば、競馬は一時所得なので課税所得が1/2になりますが、宝くじが他のギャンブルに比べて還元率が低いから割に合わないという話もたまに聞きますが、税金も考慮して議論をすべきです。それこそ大当たりでもしない限り競馬の儲けを申告する人なんて少数でしょうが。
税金を考慮すると7億円を得られる期待値はより高いという算定も出来そうですが、確率が1000万分の1でも500万分の1でも、まず起きないという点では、細かい議論は不要でしょう。

つまり、「あがれる」チャンスが現実にあり、所得税も合法的に掛からない、という理由から、宝くじを買うことは経済合理的に正しい事であるというのが本エントリーにおける結論です。
こんな庶民の救済策の国の粋な心意気に、わずかな雲の糸を掴もうじゃありませんか!

ちなみに、私は宝くじを買ったことはありません(笑)。
理由は、当選確率があまりにも低いため、宝くじを買ったり当選番号を確認する作業の労力が期待収益を上回ってしまうためです。
以前、何かの景品で宝くじの券をもらった時に当選番号の確認もしませんでした。誰かが管理してくれるんなら喜んで買いたいです。私の場合、夢を買うという原動力を持った方がいいかもしれません。

このような一攫千金のトレードというのは、投資の世界でもあります。
ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを買い続けることです。ほとんどは捨て金になりますが、たまに大当たりするとめちゃめちゃ儲かるというストラテジーです。
震災の時に日経平均のプットオプションを買っていたら100倍とかになったりするわけです。
このあたりの投資戦略については当ブログにおいてももう少し研究をしたいと思っています。何か参考になるものがあったら是非知りたいです。

億男
億男
posted with amazlet at 15.05.04
川村 元気
マガジンハウス
売り上げランキング: 2,143

ラベル:宝くじ 還元率